八月納涼大歌舞伎

f0127147_1416973.jpg

歌舞伎座へ「八月納涼大歌舞伎」を見に行って来ました。
演目は「つばくろは帰る」「大江山酒呑童子」

「つばくろは帰る」
いわゆる世話物というもので、時代劇を観ている様。
しみじみとした後味を残す作品。
三津五郎が江戸前の気風がよくて世話焼きの大工の棟梁にぴったり。
声も好きだな〜
安之助を演じる小吉の演技も、けなげでかわいらしく、涙を誘いました。

「大江山酒呑童子」
大江山酒呑童子を退治に向かう源頼光と平井保昌、四天王の話。
勘三郎が最初は童子の姿で登場し、好きな酒を勧められて飲むうちに興に乗って舞うのが面白かったです。
最後の仕掛けもオドロキ〜
やっぱり勘三郎の動きは素晴らしいな〜

今回で二回目の歌舞伎。
前回の「夏祭〜」は、勘三郎ならではの面白おかしな演出が沢山盛り込まれていたのに対し、今回はいわゆる古典歌舞伎。
少し眠くなってしまうところもありましたが(笑)日本の伝統芸能に触れられて、いい体験が出来ました。
勘太郎や七之助をはじめ、私よりも全然若い役者達が、伝統芸能の世界で生きて、後世に残していこうとしている姿をみると、尊敬の思いでいっぱいになりました。

f0127147_5271655.jpg
お土産に、こんな足袋ソックスを購入してしまいました♪
[PR]
by happy0805aki | 2008-08-19 14:45 | おでかけ
<< LADUREE さらば。。。 >>